<   2004年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

結局いつもそう

友達が田舎に帰ってしまう。

More
[PR]
by miboujin | 2004-12-30 16:29 | のたうちまわる

そういえば

昨日の昼頃、家を出る時、おかんに、
ケーキ買っとく?と聞かれた。
僕は、
そんなんいらないよ。
それに今日帰らないかもしれないし。と言った。

あれ?ほんの何年か前までは、
ケーキを買ってくれとせがんでいたのは僕ではなかったか?

結局0時を過ぎた頃に帰宅した。おかんはもう寝ていた。
冷蔵庫の中にはプリンが一つ入っていた。

なんだかなー
それになんだか貧乏臭い。

今日の音楽:Brilliant Boy/The Rentals
[PR]
by miboujin | 2004-12-25 07:26 | かたはら痛い日記

ハッピークリスマス

ビデオを返して、
明日は何も予定が無いのでまた借りて。
帰り道、自転車に乗りながら聞いた、
BeatlesのI am the Walrusが何故か
お前はバカ〜死んでしまえ〜
と聞こえ、
Eastern Youthの矯正視力〇.六が
何回だってや〜り直す〜
と言ってくれて、
Gwen StefaniのWhat You Waiting Forが
北習志野ガ〜ル あんたイカしてるよ〜
とさらに励ましてくれて、
なんとか明日からも生きていけそうです。
さみちい。

「私はうつ依存症の女」
「インティマシー【親密】」
「汚れた血」
「フレディVSジェイソン」
「キャリー」
「イレイザーヘッド」
を借りてきました。
とりあえずキャリーを観て、
テレキネシスを覚えて、
クリスマス、幸せそうにしてるやつらを皆殺しにしようと
思います。

More
[PR]
by miboujin | 2004-12-25 02:59 | かたはら痛い日記

イースタンユースのライブへ行く。の巻

クワトロに着いた時にはもう前座のFOULが演奏を初めていた。

More
[PR]
by miboujin | 2004-12-22 00:38 | かたはら痛い日記

お腹こわした

ぼんぼんがいたぁいの〜
3日放置したジュースを飲んだからだと思う。
ちょっとカビ臭かったし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

曽我さんがテレビで何か喋ってるけど、
音楽聞いてるから何を言っているかわからない。

「いい女がいる」
あきれたチームプレー
というタイトルでニュースが何か報道してる。
いろいろ想像してしまう。
野球部の子たちが何かしでかしたらしい。
そんなことなら僕を呼んで欲しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと困ったなあ。
どうしようかなあ。
言いそびれたことがある。
なんだかなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

知り合いのブログに、探偵ファイルのことが書いてあった。
痴漢撲滅だってさ。
なんて贅沢な。ここに痴漢されたくてもされない男がいるというのに。
というのは被害者に失礼か。
みんなエロくなったらどうか。
フリーセックス万歳とまではいかなくても、
痴漢されることを楽しめばいい。
って年がら年中発情してるわけにはいかないか。
しかもタイプ外から手を出されても嫌か。

それじゃあ、国で顔に関する規定を設けるというのはどうか。
ある一定の容姿に達していない場合は、
整形手術を受ける義務がある。とか。
有り得ないですね。ごめんなさい。

痴漢して、顔とか勤務先とかネットで公開されちゃった人は、
どうなったんだろうか。
つうか、最近はあんまり聞かないけど、
女の子が嘘ついて、男を無理矢理、痴漢に仕立て上げるってのがあったような。
探偵ファイルで、そういう女の子を捕まえて、
ネットで顔などを晒すというのはどうだろうか。


今日の音楽:青春狂想曲/サンボマスター
ボーカルかわいい

[PR]
by miboujin | 2004-12-07 23:01 | かたはら痛い日記

思い出とか昨日みた夢とか

小学生の時、「しんの」という同級生がいた。
彼はサッカー部のキャプテンで、いわゆるガキ大将的な存在だった。
(ちなみに僕はそのサッカー部のキーパーだった。)
いつも僕は彼にちょっかい出されては追いかけて、
僕達は学校中を走り回った。
泣かされたことも沢山あった。
それと彼には変な癖があって、どんなのかは忘れたけど、ビートたけしみたいなのだったような。
あとアムロナミエ主演映画、「ザッツカンニング」を二人で観に行ったこともあった。
彼は家に犬を飼っていた。
彼はヘビを殺したことがあった。
彼とは中学校が別で小学校を卒業してから会う事は無くなった。

僕が高校生の時、一度だけ彼と道ばたでばったり出会ったことがある。
少し話をしたが、彼は小学生の時とあまり変わってないように思った。
噂ではボクサーになろうとしていると聞いていた。
僕はその時、なんだか彼に嫌悪を感じた。
僕だけ大人になったつもりでいたのだろうか。
彼と僕の間に壁を感じた。
話は弾まなかった。

昨日夢を見た。
内容はほとんど忘れてしまって、一つの事だけしか覚えてない。
「しんの」が夢に現れたことだけ。
彼は小学生の時と変わらないまま現れて、僕の後ろから笑いかけてきた。
嬉しかった。でも今は悲しい。
昨日友達と昔のことを話したせいかなあ。

今日の音楽:We've Only Just Begun/The Carpenters
[PR]
by miboujin | 2004-12-06 16:27 | のたうちまわる